読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シムフリー端末を持って海外にでよう!

僕はアイフォーン6sが出たと同時にキャリアからおさらばした。

 

アップルのサイトからシムフリー端末を買った。

 

iijという格安シムに乗り換えた。

月額1800円くらい。

電話はgcallという会社を使い月600円程度。

月々2400円くらい。

 

前はソフトバンクで月々8千円以上してたからかなりお得ではあるが。

 

その代わり端末を一括で12万かかっている。

ちなみに僕が買ったのは128g。しかも今は円安で価格は下がっている。

二年間で端末を入れて、月々になおすと7400円。

 

ソフトバンクの月々8千円よりも安くなる。

 

正直言って128gはいらない。64gで十分だ。

 

写真や動画は、グーグルフォトを使えばiCloudをあまり使わなくて済むからだ。

128gでもiCloudは5gなので写真や動画はとればすぐに一杯になってしまう。

多少画素は落ちるらしいが、pcや携帯で見る分には違いがわからないくらいだ。

 

64gであれば、月々になおすと圧倒的にコスパが高いと言える。

 

いや、肝はここからだ。

 

シムフリーを手にできる最大のメリットは海外旅行で使えるということだ、

 

今やカンボジアやタイ、ベトナムでも3g回線くらいは整っていて、一週間くらいの滞在向けに千円くらいで、シムが手に入るのだ。

 

キャリアのシムロックの端末だとそれができない。海外ローミングというサービスで現地の通信を利用できるが、割高だ。

 

なにがすごいかは、グーグルマップが使えることだ。

 

今時、エクスペディアなどの海外旅行のチケットや宿泊の予約はすべてネットでクレジット決済で済んでしまう。

 

メールで航空チケットやホテルの予約番号がもらえる。あとはパスポートと一緒に見せるだけ。

なにも紙がいらないのだ。

 

 

gmailをりようすれば、チケットもいらないばかりか、旅程が近くなれば携帯のグーグルトップ画面に表示される。出発ゲートや、飛行機の遅延、到着時間までも教えてくれる。

 

現地の人に自分の端末を現地語に切り替えて、お店探しに使ってもらえたりする。

 

設定画面から言語を選べるので、使い道が広がります。

 

現地のシムを買うときは日本語を英語か現地語を選んでカウンターに出しであげると親切です。

終わればすかさず日本語にきりかえましょう!