読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春ですが、登山には危険です。

f:id:kokotiyoku:20160327131824j:image
もう春ですね。山にはまだ雪がかかっています。この時期の山は登って春スキーでも楽しもうなんて考えてる方もいらっしゃるかもしれません。

が、要注意です。この時期下界はあたたかいですが、山の上では突然の吹雪で視界もほとんどなくなったりします。

劔や穂高などでは滑落事故が多発します。

理由はたくさんありますが。

まず、雪が降り積もり。翌日には凍ります。

つまり雪道もない氷の崖をピッケルやアイゼンを駆使してサバイバルをすることになります。

一歩踏見間違えば谷底へ転落し木々がなければ、落ち続けます。

木々があればラッキーですが、なければ命を落としてしまいます。

よほどの経験値があったとしても表層雪崩にあえば、埋もれてしまいます。

暖かくなれば雪崩の可能性も高くなります。晴れているからといって安心はできません。

実際春山を登り、目の前で先輩が滑落していきました。ピッケルを持っていたものの数回刺しましたが、何度も失敗し、もうすこしのところで留まりました。

春山をピクニックのように楽しむことは危険と隣合わせであることを認識して登山を楽しみましょう。